飲料産業総合専門誌 ビバリッジジャパン BeverageJapanの
ウェブサイトです

2019-11-05

本誌立ち読み

定期購読についてはこちら

PETボトルの革新,そのための条件[前編]

飲料産業は,今年の東日本大震災によって消費生活における清涼飲料の価値を再認識し,その使命を再確認した。そして,清涼飲料業界がこの大震災の復旧のために果たしている役割は,決して小さいものではない。清涼飲料は生活基盤であり,生活の潤いであるという価値を高めていくことが求められよう。これを飲料容器で見れば,清涼飲料の中軸をなすPETボトルに,その使命が課せられた。PETボトルには,これまでとは異なる新たな革新が求められているのだ。


PET樹脂価格は上昇基調に


 PET樹脂の価格は,再び値上がり基調にあるようだ。日本に輸入されるPET樹脂の価格推移を財務省統計をもとにグラフ化した(図1)。PET樹脂価格は2007年をピークに下落し続け,リーマンショックがあった2009年は105円程度/kgにまで下落した。しかし,2010年は119円と再び上昇し,2011年は8月までで146円/kgにまで回復している。今年は過去に類を見ない超円高傾向が続いているため,こうした樹脂価格の高騰が顕在化しにくい。それでも,原油価格も上昇基調が続いていることから考えると,PET樹脂価格がこのまま沈静化するとは考えにくいと言えるだろう。
 PET樹脂の輸入量は,年々増加を続けており(表1),2006年は約46万トンであったものが,2010年は約67万トンへと増加している。2011年は8月までで約51.5万トンに達している。一方,国内需要はほぼ頭打ち状態と言ってよいだろう。ボトル用PET樹脂需要実績推移(表2)を見ると,国内のボトル向け樹脂需要は2008年,2010年に記録した60万トン超がピークである。PETボトルの軽量化が進むなか,重量ベースの拡大は難しいと考えられる。

軽量化の限界と突破口

 容器包装全般がめざすべき課題の一つが3R(Reduce,Reuse,Recycle)である。PETボトルの場合は,Reuseはきわめて限定された条件下でなければ成立しないことが明らかになっていることから,ReduceとRecycleが追求されており,これは社会的要請でもある。
 このうち清涼飲料メーカーが主体的に取り組んでいる課題がReduce,すなわち軽量化である。この軽量化は本誌№345(2010年№9)で報告したように,飲料業界ではそうとう進行したといえるだろう。加えて,今年は東日本大震災の影響もあって,一見,軽量化議論が消失したようにも見えるのだ。
 この軽量化は,ミネラルウォーターでは一定の水準に達したと考えてよい。課題は炭酸飲料やミネラルウォーター以外の一般清涼飲料向けボトルの軽量化である。これらの場合は,軽量化を推し進めると容器の酸素バリア性や水蒸気バリア性といった,PET樹脂が…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容

PET樹脂サプライヤーの最新動向

成形機メーカーの最新動向

容器サプライヤーの最新動向

定期購読についてはこちら

その他の内容


Field Report:北陸CCBC社が導入した最新・無菌充填ラインと環境対応


News from U.K.:世界の乳業会社トップ20




お得な定期購読はこちら

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS 各社新製品ニュース

コカ・コーラ

果汁15%ファンタ,D−リボース配合の水分補給飲料,ショコラ紅茶など

キリン・トロピカーナ

濃い味わいの秋冬向け100%ジュースなど

キリンビバレッジ

「ファイア」を世代別戦略で強化,チルド「午後の紅茶」刷新

サッポロ飲料

「梅で元気」刷新と加温販売品強化

カルピス

大人の健康カルピス,カップ入り飲料など

ポッカコーポレーション

キレートレモン,カートカン入り紅茶などをリニューアル

JT

SOT缶「ルーツ」を刷新,秋冬向け製品を拡充

ポッカコーポレーション

キレートレモン,カートカン入り紅茶などをリニューアル

伊藤園

“濃い”充実野菜,カテキン緑茶,果汁炭酸,加温製品など12品投入

森永乳業

新製品投入などで「マウントレーニア」「リプトン」の活性化めざす

ハウス食品

“力”シリーズの第3弾は“唐辛子”

アサヒ飲料

「ワンダ」を強化,震災の影響を受けたブランドの新・改良品など投入

ヤクルト本社

「タフマンスーパー」「爽涼健茶」など健康・機能性飲料を拡充

ダイドードリンコ

「デミタス」シリーズ刷新,秋冬向け製品を続々投入

協同乳業

のむヨーグルトと家庭向け乳飲料

サントリー

「はちみつレモン」ブランドを復活,スターバックス上陸15周年記念など

エルビー

秋季限定「アジアンテイスト」「秋のレッド」など7品発売

カゴメ

幼児向けの新ブランド発売

AGF

マロンラテを季節限定発売

ハウスウェルネスフーズ

「リフレッシュタイム」刷新

UCC上島珈琲

タイアップ缶コーヒー拡大

雪印メグミルク

紅茶で新ブランドを投入

明治

関西発果汁入り乳飲料など

不二家

「つぶつぶ白桃」を改装

…詳細は本誌をご覧ください

その他
New Products 今月の新製品
NEWS HIGHLIGHT 産業ニュース
BJ DIGEST
People & Industry
各種統計資料
製品紹介
INTERNATIONAL NEWS など


お申込み・お問い合わせ




飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン

株式会社ビバリッジジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707(代) FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2019年〜2018年のバックナンバー

2019年10月号 No.453LinkIcon
特集:特集 PETボトル2019(1)

2019年9月号 No.452LinkIcon
特集:2019年上期の清涼飲料市場総括

2019年8月号 No.451LinkIcon
特集:宅配水とミネラルウォーター,フレーバーウォーター

2019年7月号 No.450LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2019年6月号 No.449LinkIcon
特集:紙容器2019

2019年5月号 No.448LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュースとチューハイ市場

2019年4月号 No.447LinkIcon
特集:環境の時代とガラスびんの役割

2019年3月号 No.446LinkIcon
特集:2018年の清涼飲料市場総括と2019年の成長戦略

2019年2月号 No.445LinkIcon
特集:飲料製造のための最新技術・機器
特別企画:ビール系飲料市場2019

2019年1月号 No.444LinkIcon
特集:飲料缶と缶飲料市場

2018年12月号 No.443LinkIcon
特集:飲料の新製品開発

 
以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内

詳しくはこちらをご覧ください

定期購読のお申込み