飲料産業総合専門誌 ビバリッジジャパン BeverageJapanの
ウェブサイトです

2019-11-05

本誌立ち読み

特集 飲料缶2015

飲料缶市場の将来 ―過去最高を記録するボトル缶

清涼飲料市場では,缶飲料からPETボトル飲料へと容器の主力が変化し続けており,2014年の缶飲料生産量は,全体の17%にまで縮小してしまった。缶飲料が高い生産性と長距離輸送が容易にできる強靱な容器強度,長期保存ができるガスバリア性と完璧な遮光性で市場を席巻していた時代は,過去のものになった。
そしてPETボトルが普及するにつれて,容器に求められる性能はバリア性から透明性,リキャップ性へと遷移してきた。なかでもリキャップ性は,購入時に飲み口が露出しないため衛生的なイメージが得られ,また飲み分けられる携帯性もある。これは,基本的に飲みきり容器であるSOT缶に対比し,容器の使い勝手が飛躍的に向上することになり,SOT缶に難しい課題を突きつけた。
現在SOT缶は,アルコール系飲料とコーヒー系飲料で市場を守っている。いずれも金属容器の特性である高いバリア性や遮光性,熱伝導率,冷涼感といった飲料缶の機能性が存分に発揮されているといえるだろう。
そしてボトル缶も市場を確立してきた。ボトル缶は,金属缶のもつ性能とリキャップ性をもっているため,PETボトルに対抗できる容器だ。ボトル缶は,コーヒー系飲料市場を足がかりにして,市場を拡大させている。

アルミ化傾向続く

 スチール缶リサイクル協会とアルミ缶リサイクル協会が発表した飲料缶の生産量・出荷量を見ると(表1),スチール缶からアルミ缶への移行が顕著に見られる。
 スチール缶の生産量は,2005年には145億93百万缶(飲料缶+食料缶)だったが,右肩下がりで生産量が減り続けており…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容
集約される缶入り清涼飲料
ボトル缶市場は過去最高へ
ボトル缶とブランド戦略
缶のリサイクルと軽量化
缶飲料の未来
主要製缶メーカーの動向

その他の内容

特別企画 プロセス機器 ー殺菌ー

飲料製品の差別化を実現する殺菌システム

BJ Report 缶コーヒー市場2015

缶コーヒー市場は,ボトル缶に光明を見いだすか?

定期購読についてはこちら

その他の内容

News From U.K
新製品に見る最新のアイデア

好 評 連 載 記 事

その他
New Products 今月の新製品
NEWS HIGHLIGHT 産業ニュース
BJ DIGEST
People & Industry
各種統計資料
製品紹介
INTERNATIONAL NEWS など


お申込み・お問い合わせ




飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン

株式会社ビバリッジジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707(代) FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2019年〜2018年のバックナンバー

2019年10月号 No.453LinkIcon
特集:特集 PETボトル2019(1)

2019年9月号 No.452LinkIcon
特集:2019年上期の清涼飲料市場総括

2019年8月号 No.451LinkIcon
特集:宅配水とミネラルウォーター,フレーバーウォーター

2019年7月号 No.450LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2019年6月号 No.449LinkIcon
特集:紙容器2019

2019年5月号 No.448LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュースとチューハイ市場

2019年4月号 No.447LinkIcon
特集:環境の時代とガラスびんの役割

2019年3月号 No.446LinkIcon
特集:2018年の清涼飲料市場総括と2019年の成長戦略

2019年2月号 No.445LinkIcon
特集:飲料製造のための最新技術・機器
特別企画:ビール系飲料市場2019

2019年1月号 No.444LinkIcon
特集:飲料缶と缶飲料市場

2018年12月号 No.443LinkIcon
特集:飲料の新製品開発

 
以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内

詳しくはこちらをご覧ください

定期購読のお申込み