飲料産業総合専門誌 ビバリッジジャパン BeverageJapanの
ウェブサイトです

2019-11-05

本誌立ち読み

特集 PETボトル2015

新市場開拓とリサイクル,容器ビジネスの将来

 PETボトルにとって清涼飲料は,ほとんど征服した市場といってよいだろう。もはやコーヒー系飲料だけがPETボトルに残されたマーケットだ。
 そのためPETボトルは,“次なるターゲット”をめざし,市場開拓を模索している。そこで注目を集めている市場が,酒類とチルド(要冷蔵)飲料だ。
 これらの市場では付加価値容器としてPETボトルが歓迎され,特にバリアボトルに市場性が期待できる。こうした付加価値が求められる高機能ボトルは,容器サプライヤーの技術力が活かされるだけに,消費者の嗜好を満たす魅力的な容器の登場が期待される。
 その一方で,PETボトルのリサイクルも引き続き注目される。PETボトル市場が広がれば広がるほど,リサイクルの体制を強化しなければならない。本号ではメカニカルBtoBに注目している。
 また品質管理や製造関連機器にも注目すべきだ。特に容器の軽量化は容器包装に共通の課題となっている。それだけに軽量化した容器をどのように安定させて搬送するか,この課題は尽きることがないだろう。

PETボトルに期待する酒類市場

 酒類市場の縮小傾向が止まらない。国税庁が発表した2014年の酒税課税数量は前年比99.6%となっており,今年は1〜7月で前年同期比100%となっている(表1参照)。カテゴリー別では,甘味果実酒,ウイスキー,スピリッツ等,発泡酒,果実酒(ワイン)などが前年同期を上回った一方で,清酒,連続式蒸留しょうちゅう(甲類焼酎),単式蒸留しょうちゅう(乙類焼酎),ビール,ブランデー,リキュールなどが前年割れとなっている。
 こうした状況を打開すべく……続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容
PETボトルに期待する酒類市場
容器サプライヤーの動向
樹脂サプライヤーの動向
バリアボトルで市場開拓
PETリサイクルの構造改革
広がるメカニカルBtoB
PETボトル関連の検査・測定装置
PETボトル関連の搬送装置

メカニカルBtoB最前線

《1》遠東石塚グリーンペット株式会社
世界有数のPET樹脂メーカーが手がけるメカニカルBtoB
《2》 :協栄産業株式会社
リサイクルシステムの開発から実践まで最先端を走る

定期購読についてはこちら

その他の内容

News From U.K
製品コンセプトの違いを見る

好 評 連 載 記 事

その他
New Products 今月の新製品
NEWS HIGHLIGHT 産業ニュース
BJ DIGEST
People & Industry
各種統計資料
製品紹介
INTERNATIONAL NEWS など


お申込み・お問い合わせ




飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン

株式会社ビバリッジジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707(代) FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2019年〜2018年のバックナンバー

2019年10月号 No.453LinkIcon
特集:特集 PETボトル2019(1)

2019年9月号 No.452LinkIcon
特集:2019年上期の清涼飲料市場総括

2019年8月号 No.451LinkIcon
特集:宅配水とミネラルウォーター,フレーバーウォーター

2019年7月号 No.450LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2019年6月号 No.449LinkIcon
特集:紙容器2019

2019年5月号 No.448LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュースとチューハイ市場

2019年4月号 No.447LinkIcon
特集:環境の時代とガラスびんの役割

2019年3月号 No.446LinkIcon
特集:2018年の清涼飲料市場総括と2019年の成長戦略

2019年2月号 No.445LinkIcon
特集:飲料製造のための最新技術・機器
特別企画:ビール系飲料市場2019

2019年1月号 No.444LinkIcon
特集:飲料缶と缶飲料市場

2018年12月号 No.443LinkIcon
特集:飲料の新製品開発

 
以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内

詳しくはこちらをご覧ください

定期購読のお申込み