本誌立ち読み

特集 フルーツ・野菜ジュース

世界情勢の変化とフルーツ・野菜ジュース


 果実・野菜系飲料の生産量が減少している。健康志向は30年以上前から続く一大トレンドだが,これに果実・野菜系飲料の価値は相当しないのだろうか?
 企業が競ってアピールする温室効果ガス(GHG)削減に対し,農産加工品である果実・野菜系飲料は貢献しないだろうか? 聞こえが良くインパクトのある活動に傾注するだろうか?
 また総健康飲料化した清涼飲料に対して,低アルコール飲料(RTD)は楽しさ,喜び,味わいを追求している。果実・果汁,アルコール度数,酒造り等で開発技術を駆使し,コロナ禍でふさぐ消費者の心に癒やしを与える。
 本号では,こうした果実・野菜系飲料とRTDブランドの動きや戦略,主要サプライヤーの動向について取りまとめた。…続きは本誌をご覧ください

果実飲料の生産量は年々減少
健康志向と野菜系飲料
四重苦に悩む輸入果汁・野菜汁
農業振興と果実・野菜系飲料
果実飲料の持ち味を活かす
果汁の低糖化の新技術
果実・野菜系飲料復活への課題
拡大が続くRTD市場,ポストレモンサワーへの期待
主要果汁系RTDブランドの動向
主要果実・野菜系飲料ブランドの動向
財務省貿易統計による果実・野菜ジュース輸入実績推移 2021〜2018年
主要果汁・野菜汁サプライヤーの動向
海外事例:世界の変わりゆく果実飲料市場 トレンドに見る新たな活路

定期購読についてはこちら

本号のその他の内容

Field Report
南海果工株式会社 ×株式会社片岡バイオ研究所
果汁工場の廃水処理で発生する余剰汚泥を劇的に削減
新素材
東洋新薬
大麦若葉末,低用量で新たに腸内環境改善の訴求が可能に
新技術
株式会社アセプティック・システム
PETボトル無菌充填システムのフロントランナーがめざす新時代とは?
World Craft Beer Column
2021年米国クラフトビール市場のビアスタイル動向【後編】
トレンドレビュー: BJ Monthly Beverage Watch2022年3月)
コロナ禍と屋内自販機—サントリー食品,ダイドー,コカ・コーラ, JR東日本の事例
News from U.K.
消費者の常識を覆す飲料製品の最先端アイデア

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈ビール・RTD/酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS

定期購読についてはこちら

お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2023年のバックナンバー

2024年1月号 No.504LinkIcon
特集:飲料缶2023

2023年月12号 No.503LinkIcon
特集:PETボトル2023 2

2023年月11号 No.502LinkIcon
特集:飲料の新製品開発ー香料

2023年月10号 No.501LinkIcon
特集:PETボトル2023 《1》

2023年月9号 No.500LinkIcon
特集:2023年上期の清涼飲料市場総括

2023年月8号 No.499LinkIcon
特集:ミネラルウォーター・炭酸水類と宅配水市場

2023年月7号 No.498LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2023年6月号 No.497LinkIcon
特集:紙容器2023
特別企画:飲料開発・製造におけるプロセス処理技術

2023年5月号 No.496LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2023年4月号 No.495LinkIcon
特集:ガラスびん
特別企画:飲料の新製品開発2023

2023年3月号 No.494LinkIcon
特集:2022年の清涼飲料市場総括と2023年の成長戦略


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内