飲料産業総合専門誌 ビバリッジジャパン BeverageJapanの
ウェブサイトです

2020-05-11

本誌立ち読み

特集 飲料の新製品開発

清涼飲料市場のさらなる進化を促す飲料原材料の最新事情

 2019年の清涼飲料市場は10月までで約2%減で推移しており,年間では2014年(0.9%減)以来となる前年割れの様相だ。盛夏期の天候不順や,昨年に発生した天災による一時的な需要増の反動などが影響した。それだけにとどまらず,新しい需要を喚起するような革新的な製品はほとんど見られなかった点は無視できない。
 飲料産業は,新製品の登場によって新しい味わいやカテゴリー,飲用スタイルを創造し,市場の成長を促してきた。新しいアイデアが革新をもたらし,市場の拡大につながるといった好循環が繰り返されてきた。これこそが,飲料産業を持続的に発展させる原動力だ。すなわち飲料市場の拡大に対して,香料などの食品添加物や食品素材などの原材料が果たす役割はきわめて大きい。

飲料・乳業・酒類市場と新製品開発 

 清涼飲料および乳業市場では,2019年も大型の新製品やヒット商品を見ることがなかった。また,一部ブランドではカテゴリーレス化が進んでおり,これまでのブランドとカテゴリーに関する概念が通用しなくなりつつある。

 一方で酒類市場は,チューハイ,カクテル,ハイボールなどの低アルコール飲料(RTD)が活況で…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容

飲料・乳業・酒類市場と新製品開発
グレープフルーツの代替提案で需要創出
社会の課題解決に寄与する添加物や素材
添加物・素材サプライヤーの最新動向

定期購読についてはこちら

Field Report:クラフトビールに広がる缶製品(3)
株式会社DHCビールが日常の缶ビールをめざす
Special Report:アルゼンチン
世界最大のレモン産地アルゼンチンと,その有力サプライヤー(その2)
トレンドレビュー: BJ Monthly Beverage Watch
「カロリーメイト」のブランド戦略に学ぶロングセラーの要件(2019年10月)
News from U.K.
世界の新製品から“スモールマス”の可能性を探る

本号のその他の内容

好 評 連 載 記 事

その他
New Products 今月の新製品
NEWS HIGHLIGHT 産業ニュース
BJ DIGEST
People & Industry
各種統計資料
製品紹介
INTERNATIONAL NEWS など


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707(代) FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2020年〜2019年のバックナンバー

2020年4月号 No.459LinkIcon
特集:ガラスびん2020

2020年3月号 No.458LinkIcon
特集:2019年の清涼飲料市場総括と2020年の成長戦略

2020年2月号 No.457LinkIcon
特集:飲料製造のための最新技術・機器

2020年1月号 No.456LinkIcon
特集:飲料缶2019

2019年12月号 No.455LinkIcon
特集:飲料の新製品開発

2019年11月号 No.454LinkIcon
特集:PETボトル2019(2)

2019年10月号 No.453LinkIcon
特集:PETボトル2019(1)

2019年9月号 No.452LinkIcon
特集:2019年上期の清涼飲料市場総括

2019年8月号 No.451LinkIcon
特集:宅配水とミネラルウォーター,フレーバーウォーター

2019年7月号 No.450LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2019年6月号 No.449LinkIcon
特集:紙容器2019

 
以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内

詳しくはこちらをご覧ください

定期購読のお申込み