本誌立ち読み

特集 飲料の新製品開発

コロナ禍で清涼飲料に求められる飲料原材料とは?

 2020年はコロナ禍で様々な産業界が甚大な影響を受けている。飲料産業では,10月までの販売量が前年比7ポイント程度減少し,近年まれに見る厳しい状態が続いている。コロナ禍で個人や企業の活動が制限されたことにより,新市場の開拓,新規ユーザーの獲得といったマーケティングや販促を凍結した影響が大きかった。また外出自粛による巣ごもり生活では寒暖の影響が少なく,さらにコーヒーメーカーやドリップバッグ,ティーバッグ,茶葉などの選択肢があるため,容器入り飲料の消費が伸びなかった。
 飲料産業は天候に恵まれ,人々が外出することで消費が伸びるという法則が消失し,いかにして新製品を開発し,消費を促していくかという本質的な課題が浮き彫りになっている。本特集では,飲料の新製品開発を巡る原材料の最新事情と添加物サプライヤーの提案についてまとめた。…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容

飲料市場と新製品開発
コロナ禍の需要に適合した飲料開発
植物性ミルクに期待が集まる
酒類市場と新製品開発
ビール系飲料向けの香料開発が進む
無糖RTDが登場し,香料の重要性が高まる
添加物サプライヤーによる最新提案

本号のその他の内容

BJ Special:製造工場への 提案
省電気 への新提案 グローバルエンジニアリング社の場合
Special Report:オークスハート株式会社/内堀醸造株式会社
温故知新と技術革新で酢の再興と活用をめざす
トレンドレビュー: BJ Monthly Beverage Watch202010月)
カゴメの野菜系飲料戦略 —全方位戦略でコロナ禍を成長機会に
News from U.K.
世相を反映する機能性飲料トレンド

定期購読についてはこちら

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

次月号へLinkIcon

2022〜2021年のバックナンバー

2022年5月号 No.484LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2022年4月号 No.483LinkIcon
特集:ガラスびん

2022年3月号 No.482LinkIcon
特集:2021年の清涼飲料市場総括と2022年戦略

2022年2月号 No.481LinkIcon
特集:飲料製造のための最新技術・機器

2022年1月号 No.480LinkIcon
特集:飲料缶2021/2022

2021年12月号 No.479LinkIcon
特集:飲料の新製品開発

2021年11月号 No.478LinkIcon
特集:PETボトル2021(2)

2021年10月号 No.477LinkIcon
特集:PETボトル2021(1)

2021年9月号 No.476LinkIcon
特集:2021年上期の清涼飲料市場総括

2021年8月号 No.475LinkIcon
特集:宅配水市場とミネラルウォーター/フレーバーウォーター

2021年7月号 No.474LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内

詳しくはこちらをご覧ください

定期購読のお申込み