本誌立ち読み

特集 宅配水市場とミネラルウォーター/フレーバーウォーター

コロナ禍と拡大が続く市場の将来



 ミネラルウォーターは“水と空気と安全はタダ(無料)”といわれる日本で有価飲料として定着し,市場は拡大を続けている。(一社)日本ミネラルウォーター協会によると,2020年のミネラルウォーター(MW)類の生産量は,国産・輸入の合計で418万2,498kl(前年比104.5%)となった(表1)。
 宅配水(HOD)は“バルク化ミネラルウォーター”を初期モデルとして登場している。(一社)日本宅配水&サーバー協会が発表した2020年の宅配水の生産量は146万1,400kl(108.7%)だった(表4)。
 この国産MWとHODを合算すると530万4,579klとなり,炭酸飲料(341万9,975kl,容器入り生産量,以下同)やコーヒー系飲料(303万2,194kl)を凌駕し,茶系飲料(516万7,817kl)をも超える最大カテゴリーになる。
…続きは本誌をご覧ください

特集の主な内容

過去最高を更新したMW
フレーバーウォーターは炭酸水偏重へ
過去最大を記録したHODと課題
コロナ禍とMW・HODの接近
業界団体が総会を開催
主要ミネラルウォーターブランドの動向
主要HODブランドの動向
HOD容器サプライヤーの動向

本誌立ち読み

特別企画 2021年上期のビール系飲料市場

コロナ禍で苦しむ市場,ビール回帰は本物か?


 ビール系飲料(ビール,発泡酒,新ジャンル)市場の減少が続いている。2021年上期(1〜6月)のビール系飲料市場は,前年同期比約6%減となったようだ。これは,コロナ禍ではなかった2019年上期に比べて約2割もの減少だ。新型コロナウイルス感染症拡大による在宅勤務や外出自粛のほか,緊急事態宣言やまん延防止等重点措置による営業自粛や時間短縮,さらには酒類提供停止の影響を受けて業務用ビールの不振が大きく響いた。
 このコロナ禍における環境変化への対応が,ビール各社にとって緊急課題だ。本号では,2021年上期のビール系飲料の市場と主要ブランドの動向を取りまとめ,
下期の市場展望とブランド戦略についてリポートする。
…続きは本誌をご覧ください

本号のその他の内容

連載:アルミ缶
ボトル缶入りミネラルウォーターの製造現場エスエスケイフーズ株式会社
新企画:マーケティング
盛夏期マーケティング2種
新技術
プリフォーム金型の新技術
トレンドレビュー:BJ Monthly Beverage Watch(2021年6月)
伸長続く豆乳類,成長のカギは若年層
News from U.K.
健康と“おいしい”の両立に挑む

定期購読についてはこちら

好 評 連 載 記 事

その他
New Products 今月の新製品
NEWS HIGHLIGHT 産業ニュース
BJ DIGEST
People & Industry
各種統計資料
製品紹介
INTERNATIONAL NEWS など


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2021〜2020年のバックナンバー

2021年8月号 No.475LinkIcon
特集:宅配水市場とミネラルウォーター/フレーバーウォーター

2021年7月号 No.474LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2021年6月号 No.473LinkIcon
特集:紙容器2021

2021年5月号 No.472LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2021年4月号 No.471LinkIcon
特集:ガラスびん2021

2021年3月号 No.470LinkIcon
特集:2020年の清涼飲料市場総括と2021年の戦略

2021年2月号 No.469LinkIcon
特集:ビール系飲料市場2021

2021年1月号 No.468LinkIcon
特集:飲料の缶2020

2020年12月号 No.467LinkIcon
特集:飲料の新製品開発

2020年11月号 No.466LinkIcon
特集:PETボトル2020(2)

2020年10月号 No.465LinkIcon
特集:PETボトル2020(1)


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内

詳しくはこちらをご覧ください

定期購読のお申込み