本誌立ち読み

特集 2019年の清涼飲料市場総括と
2020年の成長戦略

変わりゆく社会への飲料産業の対処法

 社会の変化が声高に叫ばれるなか,清涼飲料産業では天候頼みがますます強まっている。
 2019年の清涼飲料市場は,前年比2%減になったものと推定される。最盛期の7月が冷夏にみまわれたこと,2018年に続いて2019年も台風被害が発生し,物流体制が混乱を続けていることが主要因だ。
 また根強い低価格志向に大型PETボトルが耐えられなくなり,4月から6月頃に価格改定を実施した。その影響による販売数量の減少も見られる。
 さらに健康志向がより鮮明になっており,あらゆる製品でなんらかの健康機能性を訴える動きが顕著だ。その最先端を走る乳酸菌飲料・ヨーグルト類は,複雑怪奇な製品群と消費者の期待・理解が乖離し,市場成長が滞っている。
 このように飲料市場は様々な課題を抱えつつも,生活に密着し,生活を豊かにし,社会インフラの一部として期待と使命が高まっている。

主要カテゴリー別動向

 2019年は,紅茶飲料を除いたほとんどのカテゴリーで前年を下回った。大規模カテゴリーの炭酸飲料,ミネラルウォーター,無糖茶飲料は,冷夏と大型容器の値上げの影響から減少した。また,コーヒー系飲料,野菜系飲料,果実飲料はダウントレンドが続いている。
 こうした減少カテゴリーであっても,特定のブランドは好調だ。つまり…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容

主要カテゴリー別動向
発売点数の推移と清涼飲料
自販機は再活性化できるのか?
2020年の飲料市場はどうなる?
変わりゆく社会と飲料産業
主要ブランドの動向
2019年 会社別 新発売品一覧

定期購読についてはこちら

本号のその他の内容

Field Report:特別リポート:オムロン株式会社
最先端の制御技術と飲料産業への適用
トレンドレビュー:2年目を迎える乳児用液体ミルク,市場確立に期待(2020年1月)

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈ビール・RTD/酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2023年のバックナンバー

2024年1月号 No.504LinkIcon
特集:飲料缶2023

2023年月12号 No.503LinkIcon
特集:PETボトル2023 2

2023年月11号 No.502LinkIcon
特集:飲料の新製品開発ー香料

2023年月10号 No.501LinkIcon
特集:PETボトル2023 《1》

2023年月9号 No.500LinkIcon
特集:2023年上期の清涼飲料市場総括

2023年月8号 No.499LinkIcon
特集:ミネラルウォーター・炭酸水類と宅配水市場

2023年月7号 No.498LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2023年6月号 No.497LinkIcon
特集:紙容器2023
特別企画:飲料開発・製造におけるプロセス処理技術

2023年5月号 No.496LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2023年4月号 No.495LinkIcon
特集:ガラスびん
特別企画:飲料の新製品開発2023

2023年3月号 No.494LinkIcon
特集:2022年の清涼飲料市場総括と2023年の成長戦略


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内