本誌立ち読み

特集:フルーツ・野菜ジュース

コロナ禍を経て果実飲料や野菜系飲料の向かう先を探る

 果実飲料と野菜系飲料は,果実や野菜という自然の恵みを加工した飲料カテゴリーだが,その価値は対照的だ。
 果実飲料は,世界的に見ても最も歴史のある飲料カテゴリーの一つで,日本でも清涼飲料産業を牽引してきた。日本では低果汁製品が主力で,100%果汁を常飲する習慣は未確立だ。健康志向を取り込んだ製品も登場しているが,基本的には典型的な嗜好飲料である。
 野菜系飲料は,ニンジンをベースにした製品や多数の野菜をブレンドした製品が登場して普及が加速している。また生鮮野菜の摂取不足の補填や,生鮮野菜が値上がりした際の代替品として利用されており,生活必需品の側面がある。
 

果実飲料等の生産量

 2022年の果実飲料等の生産量は127万2,860kl(前年比103.9%),野菜飲料の生産量は54万8,143kl(93.9%)となっており続きは本誌をご覧ください

特集の主な内容
果実飲料等の生産量
“オレンジショック”と価格高騰
フロリダ柑橘の急激な収穫量減少
欧州で新たな果汁規格を策定
果汁の価値を高める取り組み2例
100%ジュースで顕在化する新たな懸念
成長が鈍化,踊り場を迎えた果汁入りRTD市場
レモンサワーに再成長を託す
主要果汁系RTDブランドの動向
主要果汁・野菜汁ブランドの動向
財務省貿易統計による果実・野菜ジュース輸入実績推移
主要果汁・野菜汁サプライヤーの動向

定期購読についてはこちら

本号のその他の内容

特別リポート:タイ飲料市場と日系飲料企業(2)
タイで成功する飲料関連産業
新素材:東洋新薬
ターミナリアベリリカとラフマエキスに新たなヘルスクレーム
マーケティング:キリンビール
国産ウイスキーを強化,「富士」の海外展開を加速
レンドレビュー
フェムテック/フェムケアは飲料業界の金脈となるか?
News from U.K.
ノンアルコール飲料市場の最新イノベーション

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈ビール・RTD/酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS

定期購読についてはこちら

お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2024年〜2023年のバックナンバー

2024年4月号 No.507LinkIcon
特集:ガラスびん2024/特別企画:飲料の新製品開発2024

2024年3月号 No.506LinkIcon
特集:2023年清涼飲料市場報告と2024年の戦略

2024年2月号 No.505LinkIcon
特別企画:ビール系飲料市場2024
特集:飲料製造のための最新技術・機器

2024年1月号 No.504LinkIcon
特集:飲料缶2023

2023年月12号 No.503LinkIcon
特集:PETボトル2023 2

2023年月11号 No.502LinkIcon
特集:飲料の新製品開発ー香料

2023年月10号 No.501LinkIcon
特集:PETボトル2023 《1》

2023年月9号 No.500LinkIcon
特集:2023年上期の清涼飲料市場総括

2023年月8号 No.499LinkIcon
特集:ミネラルウォーター・炭酸水類と宅配水市場

2023年月7号 No.498LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2023年6月号 No.497LinkIcon
特集:紙容器2023
特別企画:飲料開発・製造におけるプロセス処理技術


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内