本誌立ち読み

特集 PETボトル2019(1)

PETボトルと次世代の飲料産業


 清涼飲料産業にとって容器は切り離せない必需品だ。容器がなければ流通も保存もできないからだ。市民生活を支えるライフラインの一つであり,同時に市民生活に豊かさをもたらす嗜好品でもある清涼飲料は,成熟市場となった日本にとってなくてはならない食品となった。
 だからこそ責任もある。それは現在に対して,また未来に対しても同じだ。たとえば嗜好品であったはるか昔は,清涼飲料は生活の根幹ではなかった。だから日本では法の定める範囲内であれば,いかなる飲料も自由に開発でき,いかなる容器も自由に利用できた。
 しかし今は時代が異なる。清涼飲料は生活の一部となっているだけに,それ単体で存続することはできず,生活を通した社会全体との調和が必須だ。たとえば“環境”と呼ばれるものへの約束であり,“社会”と呼ばれるものへの約束だ。
 このように清涼飲料が社会から認知され信頼されているということは,すなわち清涼飲料を支配しているPETボトルは社会の期待と信頼に応えなければならないということだ。

8割をうかがうPETボトル飲料の成長余地


 日本の容器入り清涼飲料の総生産量は,2018年は2,202万6,112klとなり…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容

8割をうかがうPETボトル飲料の成長余地
カテゴリー別動向
夏場偏重と加温市場への期待
K2019(国際プラスチック・ゴム産業展)が10月に開催
プリフォーム成形機
1ステージ型ボトル成形機
2ステージ型ボトル成形機
金型・コンプレッサー等

定期購読についてはこちら

Field Report:株式会社坂口屋
クラフトビールに広がる缶製品(2)
トレンドレビュー: BJ Monthly Beverage Watch 2019年8月
老いる社会と飲料産業 —超高齢化時代のニーズを狙え
News from U.K.
独創的で個性的な風味で惹きつける海外の新製品

本号のその他の内容

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈ビール・RTD/酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2023年のバックナンバー

2024年1月号 No.504LinkIcon
特集:飲料缶2023

2023年月12号 No.503LinkIcon
特集:PETボトル2023 2

2023年月11号 No.502LinkIcon
特集:飲料の新製品開発ー香料

2023年月10号 No.501LinkIcon
特集:PETボトル2023 《1》

2023年月9号 No.500LinkIcon
特集:2023年上期の清涼飲料市場総括

2023年月8号 No.499LinkIcon
特集:ミネラルウォーター・炭酸水類と宅配水市場

2023年月7号 No.498LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2023年6月号 No.497LinkIcon
特集:紙容器2023
特別企画:飲料開発・製造におけるプロセス処理技術

2023年5月号 No.496LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2023年4月号 No.495LinkIcon
特集:ガラスびん
特別企画:飲料の新製品開発2023

2023年3月号 No.494LinkIcon
特集:2022年の清涼飲料市場総括と2023年の成長戦略


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内