本誌立ち読み


特 集

紙 容 器

大転換期を迎えた紙容器

紙容器は,日本の乳業・飲料産業を支える主要容器だ。森林が豊富にあり,紙製品に親しむ日本の消費者にとって,紙容器は同様に身近な容器となっている。その一方で,紙容器の主用途先である乳業界は,変革を進めている。乳業界の根幹を支える成分無調整牛乳を主力としつつも,より高度な健康志向や機能性志向に応えるべくヨーグルト類や機能性を付与した乳飲料など,嗜好品を含めた多様化を進め,高付加価値化と収益改善をめざしている。

減少が続く紙容器飲料類

紙容器の主用途先である牛乳・乳飲料類は,生産量の減少が止まらない(表1)。飲用牛乳等の生産量は,毎年1〜2%程度の範囲で減少を続けており,2005年度から10年間で生産量は100万kl程度も減少している。
 特に牛乳の減少が著しく,2005年度から2014年度までの10年間で約2割の減少となっている。業務用や学校給食用の生産量は大きく変化していないため,一般市場での飲用量が大きく減少したといえる。これは,高齢化社会になって実需が減少したことや,健康食品や機能性飲料など,他のカテゴリーへの流出も一因だろう。
 一方で…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容
減少が続く紙容器飲料類
転換期を迎えた紙容器
紙容器サプライヤーの動向

定期購読についてはこちら

今号のその他内容

特別寄稿:SIG Combibloc
日本市場を狙う“もう一つの”紙容器無菌充填システム
特別企画:除 菌 剤
進化を続ける除菌剤の最新事情
Special Report:Anuga FoodTec 2015
News From U.K
欧米のティー・バラエティー

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2022〜2021年のバックナンバー

2022年7月号 No.486LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2022年6月号 No.485LinkIcon
特集:宅配水市場とミネラルウォーター/フレーバーウォーター

2022年5月号 No.484LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2022年4月号 No.483LinkIcon
特集:ガラスびん

2022年3月号 No.482LinkIcon
特集:2021年の清涼飲料市場総括と2022年戦略

2022年2月号 No.481LinkIcon
特集:飲料製造のための最新技術・機器

2022年1月号 No.480LinkIcon
特集:飲料缶2021/2022

2021年12月号 No.479LinkIcon
特集:飲料の新製品開発

2021年11月号 No.478LinkIcon
特集:PETボトル2021(2)

2021年10月号 No.477LinkIcon
特集:PETボトル2021(1)

2021年9月号 No.476LinkIcon
特集:2021年上期の清涼飲料市場総括


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内

詳しくはこちらをご覧ください

定期購読のお申込み